MYAO's WEBSITE

2017-01-11

去年の読書体験と今年どうしたいか

去年の読書体験の話でも書こうかと思う。後でまたJavaの話も書くけどそれは別の記事にする。

一応、本読み系サークルに所属している(た)ので、ここ数年の読書録はつけている。一番読んだ歳でも130冊程度で、2009年のことで、残念ながらこの年のデータはどっかに行ってしまった。まあ、とにかく2010年頃から本が読めなくなったなぁというのはあって、なんとなく自分の人生における反省とかそういうのになっている。

閑話休題。去年の読書経験は、全体としては、半分くらいが再読だった。ここ数年の傾向どおり新しい本を読むことがあまりできていない印象である。まあ、代わりにアニメを結構見たと思うけど、今年辺りからアニメ書籍の比の調整をしたいなぁと思っている。多分10月以降精神的にもかなりアレゲだったので、青空文庫とかでちょこっと読んだものは抜け落ちていると思うが、まあそれはそれ。

技術書がちょこちょこ入ってきた感じがする。教科書や技術関連書は、気分によって入れない年もあったのでアレだけど、まあ。『実践CommonLisp』を途中で止めてしまっているのを続きを読まないとなぁと思っているが、仕事のことを考えてJavaの勉強に頭が向いてしまっている。あまりよい傾向ではないと思っている。春までには読みたい。積読といえば、数学書も積んであるのでこちらもなんとかしたい。いや、まあ、積んでるどころではない量の蔵書はあるけれども、そっちは元々父のほんだからなぁとか、いろいろ言い訳。『圏論の基礎』と『代数学とは何か』あたりを読みたいが、世の周りの人が僕に求めていることではないのがつらい。そんなこと言えば趣味なんて大体そうだけれども。年末にはJavaに手を出し始めたので、『スッキリわかるJava入門 実践編』を読んだ。まあ、読んだだけなので、こういう本は読んだだけでは意味がない気もする。知らんよりはましって程度だろう。登場人物が、ラムダ式がきもいみたいな発言していたのがちょっとつらい感じだった。

小説は、ほぼ再読だった。古典部のアニメを見たので、小説を読み返したというところ。

読みたいと思ってた『「知」の欺瞞』を読めたは良かったかなと思う。